初心者

初心者マークを1年以上つけたままにしてもいい?ペーパードライバー必見

初心者マークの正式名称は【初心運転者標識】といいます。

初心者マークは道路交通法の1つであり、私たちが良く目にする「止まれ」や「一方通行」を示す標識と同じ”標識”の1つです。

車の免許を取得して1年は、どんなに運転に自信のある方も初心者マークをつけなくてはいけないという表示義務が法律によって定められています。

つまり、免許取得から1年未満の人は、初心者マークを正しい位置につけて運転しないと、罰則の対象になってしまいます。

では、逆に1年以上にわたって、初心者マークをつけたまま運転するのは罰則の対象になってしまうのでしょうか?

  • 免許は取得して1年以上経過したものの、ペーパードライバーという方
  • 1年以上車の運転をしているけれど、まだ、運転に自信がない方
  • やっと自分の車を購入したので、慎重に運転したいという方

1年以上経過していても、不安だからこのまま初心者マークつけたいと思っている方は意外と多いものです。

初心者マークを1年以上車につけて運転するのは、法律違反となってしまうのでしょうか?

Sponsored Links


初心者マークは1年以上つけっぱなしにしていても良い

初心者マークをつけたくないという方もいる一方で、さまざまな理由から、初心者マークを1年以上つけたままにしたいと思っている人もいます。

初心者マークの表示義務に関する法律は、こちらです。

(初心運転者標識等の表示義務)
第71条の5 第84条第3項の普通自動車免許を受けた者で、当該普通自動車免許を受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く。)が通算して1年に達しないもの(当該免許を受けた日前6月以内に普通自動車免許を受けていたことがある者その他の者で政令で定めるものを除く。)は、内閣府令で定めるところにより普通自動車の前面及び後面に内閣府令で定める様式の標識を付けないで普通自動車を運転してはならない。

 

1年以上初心者マークをつけたままにすることに関しては何も言及されていません。

上記に当てはまる人は表示しなくてはいけないルールですが、上記に当てはまらない人に関するルールはないので、1年以上初心者マークをつけたままにしていても良いということになります。

Wikipediaに警察庁の見解が書かれていましたので、こちらも引用します。

この法律の目的は、準中型自動車運転免許証又は普通自動車運転免許証を受けて1年未満の運転者の交通事故防止と保護にあり、それ以外の人が初心者マークを表示して運転することは、法律の予定するところではない(=つまり想定していない)

 

あこあん
あこあん
1年以上初心者マークを表示したまま運転したとしても、違反になることはないようなので、安心しました☆彡

けど、一点注意しなくてはいけないことがあります。

初心者マークは必ず正しい位置に表示すること

ペーパードライバーの方など、運転に自信のない方は1年以上初心者マークをつけっぱなしにしても違反にはなりません。

ただし、正しい位置に表示していなければ、初心者であるないに関わらず、違反の対象になってしまいます。

初心者マークを貼る”正しい位置”とはどこなのでしょうか?

  1. 車のフロント(車の前)とリア(車の後ろ)の両方に貼ること
  2. 地上から、0.4メートル以上1.2メートル以下の見やすい位置に貼ること
  3. フロントガラスには上記の規定内の場所でも貼ってはいけない

正しい位置に貼るためには、上記の3つのルールを守る必要があります。

①は知っている方も多いのではないでしょうか?

必ず、車の前と後ろの両方に貼らなくてはいけないので、初心者マークは2枚必要になります。

②はあまり知られていませんが、初心者マークを貼る位置は範囲が決まっています。

0.4メートル以上1.2メートル以下の範囲内に貼らないと、違反の対象となってしまうので気をつけましょう。

また、重要なのは③です。

0.4メートル以上1.2メートル以下の範囲にはフロントガラスも含まれてしまいますが、フロントガラスに貼るのは違反です。

良くフロントガラスの内側から吸盤タイプの初心者マークをつけている人を見かけますが、れっきとした違反行為なので気を付けてください。

フロントガラスには、車検の検査標章(ステッカー)や自賠責保険のシール、カーナビのGPSのアンテナなど、認められたものしか貼ってはいけないルールです。

 

あこあん
あこあん
厳密にはぬいぐるみを置いたり、マスコットをぶらさげたりするのも違反の対象ではあるのです。

初心者マークの違反に関する罰金と点数は?

免許を取得して1年以内の方は正しい位置に初心者マークを表示する義務があり、それを守らないと違反となります。

該当者が初心者マークを表示していない場合、または、正しい位置に表示していない場合の違反の罰金(反則金)と点数(行政処分点数)は以下です。

  • 反則金(罰金):4,000円
  • 行政処分点数:1点

Sponsored Links


1年以上初心者マークをつけるメリット

本来の初心者マークは、免許を取得して1年たったら外しても良いものです。

しかし、ペーパードライバーの方など、免許取得から1年以上たっても初心者マークをつけたい人もたくさんいます。

そのメリットは、周囲の車に与える心証の違いです。

  • 右折レーンの車が行けるタイミングなのにも関わらず、なかなか行かないとき
  • 合流するところでモタモタしてしまっている車を見たとき
  • 駐車場において、前にいる車が何回もハンドルを切り返しているとき

普通の車だったら、「いやいや、行けるでしょ」、「ヘタクソすぎる・・・」とイライラしてしまう運転手も少なくありません。

けれど、初心者マークをつけている車だったらどうでしょうか?

「ま、しょうがないか」、「もう少し待ってあげよう」とか、後続の運転手の気持ちのゆとりが生まれるものです。

必ずしも、そういう人ばかりというわけではないですが、やっぱりつけているのとつけていないのでは雲泥の差だと思います。

また、日本には初心者マークの車の運転手を守る【初心運転者等保護義務】という法律があるのも頭に入れておきましょう。

初心運転者等保護義務とは?

初心運転者等保護義務とはどういう法律なのでしょうか?

【道路交通法第71条】

5-4.自動車を運転する場合において、第71条の5 第1項から第3項まで若しくは第71条の6 第1項若しくは第2項に規定する者又は第84条 第2項に規定する仮運転免許を受けた者が表示自動車(第71条の5 第1項から第3項まで、第71条の6 第1項若しくは第2項又は第87条 第3項に規定する標識を付けた普通自動車をいう。以下この号において同じ。)を運転しているときは、危険防止のためやむを得ない場合を除き、進行している当該表示自動車の側方に幅寄せをし、又は当該自動車が進路を変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる表示自動車が当該自動車との間に第26条に規定する必要な距離を保つことができないこととなるときは進路を変更しないこと。

 

簡単に説明すると、

  • 初心者マークの車に無理に幅寄せをすること
  • 初心者マークの車に無理に割り込みをすること

が、違反の対象となるわけです。

しかし注意しないといけないことが一点あります。

この法律は、免許取得より1年以内の”初心者マークをつけなくてはいけない人”が対象になっているという点です。

つまり、免許取得から1年以上経過したペーパードライバーの方は、例え初心者マークをつけている車だったとしてもこの法律の適用外となります。

・・・でも、そんなの”見た目”では判断出来ませんよね?

運転している人が本当に”免許取得から1年以上経過しているのかどうか”なんて分けるわけがないのです。

だからこそ、1年以上初心者マークをつける心理的なメリットが生まれます。

Sponsored Links

運転に自信のない方は迷わず初心者マークをつけよう

運転に自信のない方は、1年以上でも2年以上でも、運転に自信がもてるまで初心者マークをつけたままにすることをおすすめします。

車をぶつけたりするのは誰しもいやなものです。
初心者マークの車がいたら、周囲の車も気遣いや注意の心をもちます。

その気持ちのゆとりによって、事故を防ぐことが出来ることだってあるので、運転に自信のない人はこれを利用しない手はありません。

最近、都心の方ではペーパードライバーの方もふえていると聞きます。

ペーパードライバーの方なんかはとくに、1年以上経過していても初心者マークをつけて欲しいものですね。

それが、ペーパードライバーさん本人のためであり、他の運転手さんのためでもあると私は思います。

むしろ、”1年以上であっても運転に自信のない人は初心者マークをつけっぱなしにしても良い”というルールがもっと浸透していってほしいなと思います。

 

あこあん
あこあん
共感していただけた方は、Twitterなど、SNSで拡散していただけると嬉しいです☆彡

Sponsored Links