雑学

納車に良い日柄はいつ?大安・仏滅等の六曜の意味は?

車の納車だけに関わらず、冠婚葬祭など、日本人は良い日取りをチェックします。
結婚式場は「大安」がとても人気ですし、「友引」に葬儀をするのは珍しいです。

でも、六曜は曜日に関係ないので、大安という良い日柄がお休みの日とは限りません。
車の納車に良い日柄は、大安のみなのでしょうか?
大安以外の六曜や、一般的に良くないとされている仏滅についても、
詳しく紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

Sponsored Links


六曜って何?それぞれの意味とは?

六曜とは、大安、先勝、先負、赤口、友引、仏滅の6つの種類があります。
六曜は元々諸葛亮が発案したとされていて、中国発祥ですが、
定かになっていない部分も多く、とても曖昧なまま、受け継がれてきました。

明治時代には、六曜は迷信として一切禁止されたこともありましたが、
必要との声も大きく、現在のように、大安が良い、仏滅は良くないといった、
六曜の文化は日本に根付いています。

これら六曜の簡単な意味について、紹介して行きます。

大安

大安(たいあん)は、六曜の中で最も良い日とされている日です。
結婚式はもちろんのこと、お引越しや、建物の工事着工日、引き渡しなど、
大安を狙って行う方が多いです。

また、内閣組閣も大安の日を選んで行うそうです。
当然、車の納車も「大安」が一番良い日とされています。

先勝

先勝(せんしょう)は、他にさきがちや、せんがちとも読まれます。
「先」に勝つという意味があるため、午前中は良い日柄とされています。
具体的に、午前中は吉、午後2時~6時までは凶という見方をするそうです。

車の納車日にも良いですが、午前中の納車にするのが良さそうです。

先負

先負(せんぶ)は、せんぷや、せんまけ、さきまけとも読まれます。
先勝とは逆で、午前中は凶、午後は吉とされている日です。

勝負事や急用は避けるべきとされている日ですが、
午後の時間帯であれば、車の納車日に指定しても良いのではないでしょうか?

赤口

赤口(しゃっこう)は、あまり良くないとされている凶日です。
牛の刻(午前11時頃~午後1時頃)は吉とされていますが、それ以外は凶です。

「赤」というのは、火や刃物、血、死を連想させるものと大きく関わりがあるので、
車の納車日の日柄としては良くない日だと言えます。

友引

友引(ともびき)は、凶事に友を引くという意味があり、
お葬式は執り行われないのが一般的です。

朝は吉、昼は凶、夕は大吉とされているので、それほど悪い日ではありません。
最近は「良いことも友を引く」という見方をする人も多く、
結婚式をしたり、引き出物を発送したりと、良い日として扱われることも多い
です。

従って、友引に車の納車日を当てても、良いと思います。

仏滅

仏滅(ぶつめつ)は、仏も滅するような大凶日といわれる日です。
お祝い事は行わない方が良いとされてる日なので、車の納車日としても、
良い日とは言えません。

Sponsored Links

Sponsored Links


納車に一番良い日はやっぱり大安

六曜の意味を調べても、やっぱり、新しい車を迎えるにあたって、
一番相応しい日取りは、「大安」だと思います。
お休みに当たるかどうかは、その日次第になってしまいますが、
良い日があるのであれば、その日を狙って納車をお願いすると良いと思います。

ただし、当然ながら「大安」の納車は混雑します。
既に納車の予約がたくさんあり、希望の大安日にお渡しできないこともあります。
大安に納車をご希望であれば、早めにお願いするか、先の日取りで、
お願いするのが確実です。

大安以外の日ならばいつがいい?

大安の日に納車日の予約が出来なかった場合、いつにすればいいのでしょうか?
大安以外の六曜ならば、友引、先負(午後納車)が良いと思います。
この2つの六曜でも都合がつかなければ、先勝(午前納車)が良いです。

近年、日本では昔ほど六曜に重きを置かなくなりつつあります。
そのため、仏滅の結婚式(仏滅日の割引が適用になる)や、友引の結婚式など、
大安の日にこだわる人ばかりではなくなってきています。

車の納車においても、同じです。
流石に結婚式のように仏滅割引などはありませんが、どの日でも良いから早く!
という方も増えてきています。

お日柄が良いことに越したことはありませんが、大安に納車したからといって
必ず、事故に遭わないという保証はありません。
また、逆も同じことが言えます。
一番良い納車日は大安ですが、納車日よりも、とにかく事故には気をつけて、
安全運転をするように心がけてください。

Sponsored Links