免許証更新

運転免許証の更新時の視力検査!コンタクトはバレる?

運転免許証の更新手続きでは、必ず、視力検査を受けます。
現在の運転免許証に「眼鏡等」の記載のある人もない人も、
眼科と同じような形で、視力検査を受けます。

そのため、視力に自信のない方や眼鏡等と記載のある方は、
メガネやコンタクトレンズを持参する必要があります。

忘れてしまうと、その日に更新の手続きを終えられなくなってしまうので、
必ず、メガネやコンタクトレンズを持っていきましょう。

私は、元々目が悪いので、運転免許証を取った時から、
「眼鏡等」の記載があり、とくに、何も思いませんでしたが、
大人になって目が悪くなってしまった方の中には、
「眼鏡等」と記載されることに抵抗のある人もたくさんいます。

そのため、コンタクトレンズをつけたまま行き、「裸眼です」と
申告する人が増えているようです。

コンタクトレンズならば、免許証更新時の視力検査、
裸眼で押し切ることは出来るのでしょうか?
それとも、バレるものなのでしょうか?

Sponsored Links

Sponsored Links


運転免許証の更新に必要となる視力はいくつ?

運転免許証の種類によって、必要となる視力は異なります。
普通免許の場合は、両眼で0.7以上見えなくてはいけません。

また、片目で見た時にそれぞれ、0.3以上に満たない方は、
視野の検査も行われ、左右150度以上見える必要もあります。

片目だけ悪いという方でも、両目で見た時に0.7以上見え、
尚且つ、視野が150度見えていれば、問題ありません。

この数値は、メガネやコンタクトレンズで矯正した場合も同じです。
レーシック手術などの視力回復の手術を行った方は、
裸眼とされ、「眼鏡等」の記載がなくなる場合もあります。

眼鏡等記載と記載なしではどう違うの?

運転免許証に「眼鏡等」と記載されることに抵抗のある人もいますが、
とくに、眼鏡等と書いてあることで、追加で支払う手数料や、
更新に必要な講習などが増えることはありません。

運転する際に、メガネやコンタクトレンズをつけなくてはいけないか、
これだけの差です。

交通違反にはいろいろなものがありますが、免許条件違反という、
違反があるのをご存知でしょうか?

Sponsored Links

眼鏡等と記載のある免許証を持っていながらにして、
メガネやコンタクトレンズをしていないと、免許条件違反にあたります。
罰金は7,000円、点数は2点の違反です。

AT車限定などの条件と同じで、眼鏡等と記載された場合は、
メガネやコンタクトレンズをしなくてはならない決まりです。
逆に言えば、これしか、差のないところです。

レーシック手術などを行った場合は、解除手続きが必要になります。
眼鏡等と記載の免許証のまま、メガネやコンタクトレンズなしで、
車を運転するのは見えていても違反になってしまいます。

目が悪く、普段からメガネやコンタクトを使っているのならば、
眼鏡等と記載したところで、記載なしの免許証と大差ありません。

Sponsored Links


更新時の視力検査のコンタクトは自己申告制?

運転免許証更新時の視力検査では、まずはじめに、
「コンタクトレンズは入れていますか?」と問われます。

私は、写真もあって毎回コンタクトにしているので、「はい」と答え、
そのまま視力検査を受けます。

ここまでを見ると自己申告制のように思えますが、
実は、これは聴力検査の一環で、コンタクトを入れてるかどうかは、
検査する機器でも丸わかりなのだそうです。

つまり、「コンタクト入れてません」、「裸眼です」といったところで、
大抵の場合は、バレてしまうのだそうです。

たかが、「眼鏡等」との記載でそんなリスクを背負うことではないので、
正直に、「コンタクト入れてます」と答えるのが正解です。

混んでいる時や、使用している視力検査の機器が古い場合、
検査官の確認漏れで、コンタクトの使用がバレないケースもあるようですが、
バレるケースの方が圧倒的に多いので、隠すのはリスクがありますね。

運転免許証の更新が出来ないともなると本末転倒ですから、
例え、眼鏡等と書かれることに抵抗があったとしても、
正直に使用の有無を答えるのが一番です。

Sponsored Links