免許証更新

交通安全協会に入会するメリットとデメリット

免許証の更新時には「交通安全協会に入会しませんか?」と必ず聞かれます。
この交通安全協会というのは実は”入らなくても良い”任意のものであって、
強制ではないということをご存知でしょうか?

中には”入らなくては免許証の更新が出来ない”ものと勘違いして、
交通安全協会に入る方もいます。

入るメリットももちろんありますが、入らなくても良いものなら、
節約のためにも入会を拒否した方がいいという考えの人もいます。
今日は、そんな交通安全協会入会のメリット・デメリットについて、
詳しく紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

Sponsored Links


交通安全協会とは?

交通安全協会は、車の運転などの安全を目的とする非営利法人です。
各都道府県ごとにあるものなので、交通安全協会に入会すると一概に言っても、
その内容はメリット・デメリット含め、多少異なります。

私は、この「交通安全協会」というものを最初知らなかったため、
1回目の更新時は、強制だと勘違いして入会しました。
受付の方に「入りますか?」と言われたことは覚えているのですが、
その内容については、全然説明がなかったと思います。

2回目以降の更新は、全て交通安全協会に入会していません。
理由は、メリットが明確に分からなかったからです。

受付では「交通安全協会に入会にしませんか?」の一言だけで、
あまり強くすすめられることはありませんでした。

内容が分からないとどうしても入りにくいですよね。

入会するメリットは?

交通安全協会に入会すると、以下のような特典があります。

・運転免許証の専用ケースがもらえる
・シートベルト着用促進見舞金制度への自動加入
・交通事故入院見舞金制度への自動加入
・協賛店によるさまざまなサービスが受けられる
・チャイルドシートのレンタルが出来る

各都道府県で入会特典は変わってくるので、入会を考えている方は、
受付や各都道府県の交通安全協会のHPにて、特典に目を通しておきましょう。

入会するデメリットはある?

交通安全協会の入会は無料ではありません。これは大きなデメリットです。
非営利の団体ではありますが、年会費という形でその場で入会金を払います。

この入会金・年会費もまた、各交通安全協会によって変わってきます。

Sponsored Links

だいたい300~700円くらいが相場となっています。
700円×5年更新の場合ですと、3,500円の費用が発生してしまいます。
たしかに事故時の保険などのメリットもありますが、
自身でも保険に加入しているので、3,500円のお金を払ってまで入会しなくとも…
と考える方が大半なのではないでしょうか?

チャイルドシートのレンタルは魅力?

保険は自身の保険があると考えると、他にメリットを感じるのは、
チャイルドシートのレンタルサービスです。
チャイルドシートは子どもが大きくなるまでの期間限定で使用するものなので、
出来ることならば、コストを抑えたいところです。

しかし、交通安全協会のチャイルドシートのレンタルの口コミを見ると、
あまり良いチャイルドシートとは言えず、「不安定だった」「硬かった」
「しっかりしたものではなかった」などの感想が並んでいます。

子どもの安全面を考えると、レンタルより中古でも購入した方が良さそうです。

Sponsored Links


交通安全協会に入会しないとどうなるの?

交通安全協会に入会しないとどうなるか?と言いますと、
結論としては、特に何も起こりません。

良く交通安全協会に入会しないと免許更新の手続きの案内が来ない
だなんて心配に思っている方がいますが、免許更新のお知らせは、
ちゃんと届きますので安心してください。

もう1度言いますが、交通安全協会への加入は任意なので、強制ではありません。
メリットを感じられなければ、加入はお断りしてしまっても大丈夫です★
デメリットほどの悪いものではないですが、個人的には、
入らなくても良いものかな~と思っています。

Sponsored Links