カー用品

2人目のチャイルドシートの取り付けに安全な位置は?

うちの子どもたちは、いわゆる「年子」です。
もう中学1年生と小学6年生とチャイルドシートに座る年齢ではなくなりましたが、
当時は狭い軽自動車の車内に2台チャイルドシートを取り付け、運転していました。

2人目のチャイルドシートはどの位置に取り付けるのが良いのでしょうか?
安全・安心の取り付け方について紹介させていただきます。

Sponsored Links

Sponsored Links


チャイルドシートを取り付ける時の位置は?

日本では、2000年より道路交通法において幼児のチャイルドシートの使用が
義務付けされています。ここでいう「幼児」とは、6歳未満のお子さんのことです。
つまり年子の場合、約5~6年は2台チャイルドシートを取り付ける必要があります。

違反した場合の違反点数は1点、罰金はなしです。
法律違反としてはそれほど重いものではありませんが、子どもの安全を考えて、
必ず使用しなければならないものです。

では、取り付ける位置は法律で決まっているのでしょうか?

法律の点から見る取り付け位置

チャイルドシートを取り付ける位置は、原則としてどこでも良いとされています。
しかし、他の先進国では助手席へのチャイルドシートの取り付けは違法です。

ぐずった時にすぐあやすことが出来る、顔が見られるから子どもも安心、
といった理由から、助手席に取り付ける人も少なくありません。

しかし、助手席は、子ども・大人に関わらず、事故時の死亡率が最も高い場所です。

さらに、助手席にはエアバッグがあります。
エアバッグは大人を守るために設計されているもののため、
エアバッグが出る衝撃は、子ども、赤ちゃんにとって相当なものです。

本来は体を守るはずのエアバッグが、子どもの命を奪ってしまった、
なんて事故もあるようですので、助手席への取り付けは絶対に辞めてください。

一番安全な位置を考える

チャイルドシートの取り付け位置として最も安全なのは、後部座席の真ん中です。
しかし、日本のチャイルドシートはシートベルトで固定するものが多く、
両端にしか取り付けることのできないタイプも多いです。

私が子どもに使用していたチャイルドシート2台もこのタイプだったので、
運転席の後ろ側、助手席の後ろ側の位置、左右に取り付けていました。

Sponsored Links

3列シートがあるミニバンなどでも同じで、2台取り付ける場合は、
2列目の運転席側の後部座席、助手席側の後部座席が一番安全だと言われています。

尚、運転席側の後部座席と助手席側の後部座席、どっちが安全か?という問題は、
見解によって、2つに分かれるようです。
一般的には、運転席側の後部座席の方が安全であると言われています。

Sponsored Links


後部座席に2台チャイルドシートは取り付けられる?

軽自動車も最近の車は広々とした空間をウリとしているものが多いため、
コンパクトなチャイルドシート2台であれば、安全な位置に取り付けられます。

2人目が産まれ、後ろにチャイルドシート2台となると相当窮屈ですが、
最初は仕方がありません。安全第一なので、多少の狭さは目をつむりましょう。

また、体重が18キロを超えたらジュニアシートに移行することもできます。
ジュニアシートは車のシートベルトを直接つけるタイプですので、
チャイルドシートほど場所も取らず、安全です。

ジュニアシートへの移行は、身長100センチ、体重18キロが目安で、
だいたい3~4歳です。上の子がこの年齢、体の大きさに達しているのであれば、
2人目のお子さんにチャイルドシートを使い、1人はジュニアシートにすると良いです。

自分が安全運転を守っていても、事故にあってしまうこともあります。
あまり考えたくはないですが、最悪の場合を想定して、
チャイルドシートは、1人目、2人目同様に、安全な位置に取り付けましょう。

Sponsored Links