雑学

ハザードランプの正しい使用方法とその意味は?

車には、ハザードランプと呼ばれるランプが搭載されています。
普通自動車運転免許を持っている方なら、誰でもご存知の通り、
ハザードランプは、ハンドルのあたりやナビ、エアコンの操作パネルあたりにある、
三角のマークが二重になっているものが、ハザードランプです。

このハザードランプは運転、または停止中、いろいろな場面で使用します。
当記事では、ハザードランプの正しい使い方や意味について、紹介します。

Sponsored Links

Sponsored Links


ハザードランプの正しい使い方は?

ハザードランプは、三角が二重になっているスイッチを押すことで作動します。
正しい名称は、「非常点滅表示灯」といい、非常時に使用するものでもあります。

普通自動車運転免許を取得する際に教習所で学ぶハザードランプの使い方は、
駐車、停車の際に、車の位置を他の車や歩行者に伝えるものです。

路上教習でも駐停車をするテストがあり、その際にハザードランプを点灯させないと、
減点されてしまいます。
路肩に停車する時には必ず、左にウインカーを出し、車を寄せて停止したら、
ハザードランプを点灯させ、後続車に伝えるようにしましょう。

また、非常点滅表示灯という名前の通り、非常時にも使います。
例えば、車が急に故障してしまった場合やガス欠してしまった場合などです。

ハザードランプは緊急時でも使用できるように、エンジンが切れた状態でも
作動する
ようになっています。
後続車に故障を素早く伝えられるよう、こういった非常時にも忘れず付けます。

ただし、バッテリーが上がってしまった場合などは、
ハザードランプが点灯しないこともあるので、注意してください。

道路交通法におけるハザードランプの使い方

道路交通法においては、夜間、5.5メートル以上幅のある道路に駐停車する時は、
ハザードランプまたはテールランプをつけなきゃいけない決まり
です。

逆に言えば、細い路地などではつける必要がないとされていますが、
センターラインのない道路でも、路肩に止める際は使用するのが安全です。

高速道路におけるハザードランプの意味は?

高速道路を運転していると、前の車がハザードランプを点灯することがあります。
これは、「渋滞」を意味するハザードランプです。
ハザードランプの使い方としては、非常にポピュラーな使い方です。

高速道路では、制限速度が高く、ある程度のスピードが出ています。
不思議なもので、今まで空いていた道路が急に渋滞となることは良くあることです。

その理由は、大型連休などによる道路状況の混雑、事故、坂道など、
いろいろありますが、高速道路では、前方の状況が読みにくくなるので、
渋滞が分かったら後続車にハザードランプを数秒点灯させ、
渋滞があることを知らせる
ようにしましょう。

渋滞のハザードランプを消すタイミングは、後続車が減速したら、です。
くれぐれも、付けっぱなしにならないように気をつけましょう。

Sponsored Links

車の駐車時のハザードランプの意味は?

ショッピングモールやスーパー、車でお出かけする時に覚えておきたいのは、
車を駐車する時のハザードランプの出し方です。

駐車できるスペースを見つけたら、ハザードランプを出し、
後続車に「今からここに停めるので、少し待ってください」という意味
ハザードランプをつけます。

こうすることで、スムーズに安全に車を駐車することができます。
尚、車を駐車する際にハザードランプを使用する場合、消し忘れに注意です。
良く車の中には誰もおらず、ハザードランプだけが点灯している車を見かけます。
駐車が終わったら、必ず消すようにしてください。

サンキューハザードって何?

サンキューハザードとは、「ありがとう」という意味を込めて出す
ハザードランプの出し方です。

例えば、細い道から大通り出る時に道を譲ってもらった時、
車線変更する時などに使用します。
「入れてくれてありがとう」と、ハザードランプを出すことによって、
お互い、気持ち良く安全に運転することができます。

これは、本来のハザードランプの使い方とは異なりますが、
ハザードランプの使用回数としては、非常に多く、良く使う方法です。

その他の使い方

見通しが悪いところで運転する際は、ハザードランプをつけっぱなしにして、
そのまま走行するという方法もあります。
例えば、霧が濃く、前の車との距離が掴みづらい時などに使われる方法です。

このように、ハザードランプは本来の正しい使い方はもちろんのこと、
サンキューハザードのようなイレギュラーな使い方としても、凄く重宝します。
車を安全に運転する上で、必ず必要になってくるので、是非上手く、
ハザードランプを活用してみてください。

Sponsored Links